太釈さんの法話なブログ 誰が天才?

太釈さんの法話なブログ

高野山の布教師 太釈さんがミニ法話を綴ります

誰が天才?

義理の父が講演会に行ったときの話です。

アナウンサーとノーベル物理学賞を受賞した小柴先生が対談する講演会でのこと。
司会者が二人に質問を投げかけました。
「アインシュタインとモーツアルトはどちらが天才だと思いますか?」

アナウンサーはすっかり困ってしまいました。
小柴先生は、すぐに「それは、モーツアルトだよ」と答えました。
その理由は?

「アインシュタインが発見した相対性理論は、彼でなくてもいつかは発見されただろう。しかし、モーツアルトの楽曲はモーツアルトでなければ生み出すことが出来ない。だからモーツアルトが天才だと思う。」

この意見には、小柴先生の科学者としての謙虚さがあります。
自分がノーベル賞を受賞したのは運に過ぎない。いつかは発見されただろう。
自分の功績だけではないという小柴先生の思いがうかがえます。

私も、これほどの謙虚さと自信を持ちたいものです。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する