太釈さんの法話なブログ いのちをいかす その5

太釈さんの法話なブログ

高野山の布教師 太釈さんがミニ法話を綴ります

いのちをいかす その5

東日本大震災が発生した2011年の世相を表す漢字「絆」は流行語にもなりました。

絆という漢字は糸偏に半分と書きます。
自分が半分出して、相手も半分出して互いに結びつくことで「絆」が生まれます。

絆は一対一のつながりでした。

2012年の世相を表す漢字は「金」でした。
では、二番は何だったのでしょうか。
実は「輪」でした。

絆同士がさらに手をつないでリング(輪)になりました。

未曾有の震災が発生して、明日への希望を失いそうになっても、復興の輪が着実に広がっているのです。

つづく
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する