太釈さんの法話なブログ いのちを生かす その8

太釈さんの法話なブログ

高野山の布教師 太釈さんがミニ法話を綴ります

いのちを生かす その8

下記の本を一部朗読させてもらいました。

雪とパイナップル雪とパイナップル
(2004/06/25)
鎌田 實、唐仁原 教久 他

商品詳細を見る


つづき

気持ちのいい朝が広がり始めた病院に、パイナップルの缶詰が届いた。
やさしい心は、人から人へと伝染していくのです。

パイナップルの缶詰を缶切りで開けたとき、プシューッと音がして、いろいろなものが飛び出したように見えました。
真心や希望が見えたような気がしました。
人間のことも、
命のことも、
世界のことも、
少し見えたように思いました。

つづく
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する