太釈さんの法話なブログ みる

太釈さんの法話なブログ

高野山の布教師 太釈さんがミニ法話を綴ります

みる

私があちらこちらで法話をしていますと言っていると、「親戚の法事で御住職がこんな法話をしていましたよ」と教えてくださるようになりました。いい話だったのでシェアしたいと思います。

「見る」という漢字は、目に足がついています。つまり、足で探して「見る」です。

「観る」は般若心経の冒頭に出てきます。観音さまの観ですね。音は聞くものですが、観音さまはそれを「観る」のです。よく観察するという意味の「観る」です。
白衣観音

「看る」は、「手」と「目」が合わさってできた漢字です。看護をするのは、手で触れて目で見て異常を察知します。手を当てるだけでお腹の痛みがスッと消えたという経験はありませんか。

同じ「みる」でもたくさんあります。
お互いに気持ちを察知し合う「観る」関係になりたいものです。



お知らせです。

 東日本大震災から2年が過ぎました。震災を忘れないよう、岩手・福島・宮城で支援を必要としている子どもたちに募金を送りたいと思います。落語を聞いてハハハと笑って、子どもたちに希望を送りたいと思います。
桂七福さん 似顔絵

日時 : 平成25年6月1日(土)
午後4時開場・午後4時30分開演
演者 : 桂七福さん
場所 : 長岸觀音寺 本堂
参加費: 無料
※ どなたでも参加いただけます
※ チャリティですので募金をお持ちください
※ 募金だけの参加も歓迎いたします
※ 桂七福さんの落語CD、中村太釈著「一日一善」「薬師堂ものがたり」を販売します。売上金は全額募金といたします
※ 募金は均等に三分割して、岩手県・宮城県・福島県の子どもたちに送らせてもらいます
合掌
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する