太釈さんの法話なブログ

太釈さんの法話なブログ

高野山の布教師 太釈さんがミニ法話を綴ります

今日の一冊

今日の一冊

しの武 著『もう、なげかない』2013/12 小学館
http://amzn.to/2BeizXL

心に刺さった言葉
自分の心の鬼と対峙すると、反省することが山ほどあった。と同時に鬼がいるから私であり、人間なんだとも思えた。

著者のしの武さんは、波瀾万丈の人生の中で自分の中に鬼がいることに気がつきます。
心の中にいた鬼は愛嬌たっぷりで憎めないオニでした。
しの武さんはオニの絵と言葉でカレンダーを作り、個展を開くまでになりました。

ずっと自分はいらない子だと思っていた、しの武さん。
本書を書くことで「いらない子なんて、この世の中には一人もいない」ということに気がついたのです。

仏教では、山や川、草木にいたるまで仏の心を持っているのだと説きます。
ましてや人間にも仏の心があるのです。

PageTop

般若心経は難しい? ゼロはインド最大の発見

般若心経についてシリーズで紹介していきます。
毎週火曜日に更新予定です。

般若心経は難しい? ちょっと番外 ~般若心経を9つのパートに分けてざっくり理解~

第4パートから不から無に変わったのはなぜですか?
不は否定の言葉です。無は何もない、つまりゼロの意味です。

私たちはゼロを普通に使っています。
ゼロは人間によって開発されました。それもインドで最大の発見だと言われています。

何もないことを表現することは難しいものです。
みかんが3個ある。お皿が二枚ある。

「ある」ということを表現することは簡単です。
しかし、「ない」ことを表現することは難しいものです。

般若心経では「ない」ことを無であり、空であると表現しているのです。

 

PageTop

今日の一日一善

今日の一日一善

楽しいから、どんなことも全力でやりきれる   本田健(作家/日本)

本田健さんは、『ユダヤ人大富豪の教え』が100万部を突破し、著作が1,000万部を越える日本を代表する作家です。
お金・幸せ・ライフワークの専門家として活動しておられます。

本田健さんの原動力は「楽しさ」です。
本田健さんは、迷ったときには楽しいかどうか、ドキドキするかどうかで判断するそうです。

ガマンしながらやっていることは全力を出し切ることができません。
しかし、楽しいことは頼まれもしないのに全力でやってしまいたくなります。

あなたが全力でやりたい楽しいことは何ですか?

PageTop

今日の一冊

今日の一冊

山川宗玄著 臼井治画 『くり返し読みたいブッダのことば』2017/1 リベラル社
http://amzn.to/2DtyiHM

心に刺さった言葉

言葉がなくても伝えられる
欠けているものや足りないものは音を立てるが、満ち足りたものは静かなものである
ブッダの言葉

知人の母親が百歳を迎えて会いに行き、言葉はなくとも答えてくれたエピソードが添えられています。
知人の母は「忙しいのによく来てくれたね。でも、私は先に逝くからね」と言葉にならない言葉が心に届いたそうです。

私が死を目前にしたとき、「私は先に逝くからね」と静かで満ち足りた言葉を語れるようになりたいと思いました。

PageTop

般若心経は難しい? 第4パートを解説

般若心経についてシリーズで紹介していきます。
毎週火曜日に更新予定です。

般若心経は難しい? 第4パートを解説

般若心経 第4パート
是故空中 無色無受想行識 無限耳鼻舌身意 無色声香味触法 無限界乃至 無意識界

是故空中を読み下すと、「是れ故に空の中には」となります。
空について解説していきますよという意味です。

無色無受想行識を読み下すと、「色が無いので、想いや行い、意識を受けることが無い」となります。
つまり、色(実体があるもの)は無いので、想うことも行うことも、意識を受けることも無いのです。

無限耳鼻舌身意を読み下すと、「耳や鼻、舌やなどの身体で意識することもない」となります。
つまり、耳や鼻、舌やなどの五感で感じるものも実体がなく空なのです。

無色声香味触法~も、五感で感じる声や香り、味覚、触覚も実体が無く空であると解説しているのです。

つまり、五感すらも空であり、何も無いのだ!と説いているのです。

PageTop