太釈さんの法話なブログ

太釈さんの法話なブログ

高野山の布教師 太釈さんがミニ法話を綴ります

秋のお彼岸

 昨年頂戴したハガキに「お盆が終わってほっとする間もなくお彼岸です」と書かれていました。今月は秋のお彼岸について紹介します。

 お彼岸とは、世界中の仏教国で行われている行事だと思っているかもしれませんが、そうではありません。お彼岸は日本独特の仏教行事です。起源は明らかではありませんが、桓武天皇の時代(七八一~八〇六)にはお彼岸の行事が行われていたようです。

 お彼岸を春分の日・秋分の日前後に定めたのは、季候がよく、昼夜の長さが同じで仏教行事を行うには最適な時期であったためです。一年に二度、日頃の仏道修行に励まず怠けていることを反省して、仏教週間を設けたのでしょう。

 また、極楽浄土は西にあるといわれているので、極楽浄土にいるご先祖さまのために手を合わせます。

 彼岸とは悟りを開いた世界を指します。私たちが彼岸に行き着くために六つの修行をします。
一、布施…見返りを求めず与えること
二、持戒…決まりごとを守り、穏やかな生活をする
三、忍辱…思うようにならなくても耐え忍ぶこと
四、精進…仏道をたゆまずに実践すること
五、禅定…ザワザワする心を鎮めること
六、智慧…仏教の智慧を身につけて実践すること

彼岸花 
 ヒガンバナは彼岸の時期に咲き、花言葉に「また会う日まで」とあります。彼岸にご先祖さまと再会できると言われるのは、ヒガンバナが咲くことと関係があるのかもしれません。悟りの世界にいるご先祖さまに近づくことができるよう、秋の彼岸は六つの修行を心がけたいものです。

PageTop

今日の一冊

今日の一冊


hasunoha お坊さんお悩み相談室

http://amzn.to/2hQgwoH

仏教問答Q&Aサイトhasunohaの問答が本になっています。

私の回答は載っていませんが、おもしろいですよ。
なるほどと思える回答だけでなく、エッと驚く回答も収録されています。


百聞は一見にしかず。

PageTop

今日の1冊

今日の1冊はこちら

志賀内泰弘 著 『No.1トヨタのおもてなし レクサス星が丘の奇跡
http://amzn.to/2w8Wl8e

心に残った言葉
サービスとは、相手を思いやる心である。
思いやりの心とは、自分が幸せでなければ相手のことまで気が及ばない。
健康でないと幸せとは言えない。

サービスすることとは、相手に頭を下げてへりくだり、気に入ってもらおうとすることと捉えがちです。しかし、そうではありません。

自分が健康で幸せであり、相手を思う心から自然に湧いてくるものです。
仏教でいえば「自利利他」です。

自分が健康で幸せであることは「自利」であり、相手を思う心は「利他」です。
自利利他のサービス精神を持ちたいものです。

私が読んでおもしろかった本やおすすめの本を一覧にしています。
太釈さんの本棚

PageTop

今日の一日一善

かごの中の鳥 

池で泳いでいる小魚は、海にいる大きな魚を見ることはない。
かごの中の鳥は、大空を飛ぶ巨大な鳥のことを知らない。
自分の知っていることだけが、世界の全てだと思ってはいけない。(空海)

ことわざで言えば「井の中の蛙 大海を知らず」となります。

インターネットという膨大な情報の海があるにもかかわらず、井の中の蛙になってしまいます。
なぜか。
自分の取りたい情報だけフィルターをかけてしまっているからです。

分からないことや、行き詰まってしまったら人に聞くことです。
あなたを想って話してくれる内容は、どんな情報よりも貴重です。


法話と天井絵の寺ホームページでは仏教問答Q&Aサイトhasunohaの回答をリンクしています。
こちら をご覧ください。

PageTop

姿は見えなくても

阿波おどり

徳島県と言えば阿波おどりです。
「踊る阿呆も 見る阿呆 同じ阿呆なら 踊らにゃそんそん」
8/12~15の間だけ、徳島県人は阿呆になります。

さて、阿波おどりをはじめとして全国に盆踊りがあります。

お盆にご先祖さまが戻ってくるといわれます。
戻ってこられたご先祖さまは、私たちには見えません。しかし、まるでご先祖さまが隣にいるかのように振る舞い、供養します。盆踊りもご先祖さまの供養の1つとされています。

姿は見えなくても、ご先祖さまと一緒に踊るのが盆踊りなのですね。


法話と天井絵の寺ホームページでは、仏教問答Q&Aサイトhasunohaにおける私の回答をリンクしています。こちら を ご覧ください。

PageTop